お薦め

「選ぶ指輪で低予算も可能に」

一般的には婚約指輪といえば、お給料の3ヶ月分だと言われています。
しかしこの場合は人によってお給料の額が違うので、
その人によって購入できる範囲も限られてしまいますね。

例えばお給料が安い人でも、将来を見越して婚約指輪貯金をしていれば、
それこそお給料の3倍以上の額の指輪を購入することも可能です。
高いお給料をもらっていても、将来のことはあまり考えず、
お給料のほとんどを使ってしまっていると、
とてもじゃないけどお給料の3ヶ月分の指輪は手が届きません。
こればかりは男性の力量によっても変わって来ます。

しかし実際にはどうなっているのでしょうか?
あくまでも平均ですが、婚約指輪にかける相場は30万円~40万円だと言われています。
金額だけを見ると指輪にこんなにかかるの?と驚く人もいるかもしれませんね。
しかし手取りで15万円の人の場合は、3ヶ月分になると45万円です。
20万もらっている人なら3ヶ月分で、60万円の指輪ということになりますね。
これを考えると比較的購入しやすい価格帯と言えます。

しかし30万円~40万円といっても、
ダイヤモンドの質やカットで、かなり価値は変わって来ます。
見た目を重視して質を落し大きめの石を選ぶか、
質を重視して小さくても高品質の石を選ぶかによっても変わって来ます。
ブランド品や、デザイン性を重視してオーダーメイドにすればこれよりも値段は上がっていきます。
逆に既製品のエンゲージリングであれば値段は多少安くなるでしょう。

じっくり探せばこの範囲でも、質のいいダイヤモンドリングはたくさんあります。
あとは女性の好みなども取り入れながら、
2人で予算内に収まるような婚約指輪を選んで行きましょう。
お給料の3ヶ月分以下でも、デザインの選び方などで、
いくらでも低予算で可能な範囲はあります。
低予算で質の高い婚約指輪を作る方法というのがこちらで紹介されています。
また、セールやキャンペーンを利用することで、
通常価格よりもお得に購入できることもありますね。

あくまでもお給料の3ヶ月分は目標であり、目安です。
これ位がだから喜ばないということはありませんし、
低予算でも婚約指輪を用意することは可能なのです。

男性が一人で選ぶとき、リングのサイズやデザインなど決めるのがなかなか難しいと思います。
こちらに女性に人気のあるデザインが紹介されているサイトhttp://iconlicious.com/3.htmlがありますので、
迷っている方は是非参考にしていただきたいです。