お薦め

「左手の薬指に愛のパワーが集中」

婚約指輪や結婚指輪をはめるのは、
左手の薬指が一般的ですね。

親指にも指輪をはめることはできますが、
他にも指がある中でなぜ左手の薬指に付けるようになったのでしょうか?

これには諸説ありますが、
古代ローマの考え方を受け継いでいるのが、
最も有力な説だとされています。

古代ローマでは、心臓と左手薬指の血管が直接繋がっていると思われていました。
感情を司るのが心臓だと考えられていたために、
愛情も心臓から来ていると考えるのは自然なことだったのでしょう。

婚約は一生の愛を誓い結婚を約束することですから、
心臓につながっている左手薬指に婚約指輪や、
結婚指輪をはめるようになったとされています。
とてもロマンティックな考え方ですね。

しかし中には右手の薬指に結婚指輪や婚約指輪をはめる人もいます。
これにも意味があります。

手や指に宿るオーラは、それぞれに力が宿っているという考え方から来ています。
左手薬指は、永遠の愛が宿る指とされているので、
永遠を誓う婚約指輪や結婚指輪をはめるのは、
左手薬指が一番だという考え方から来ています。
右手の薬指には、安定や感性の力が宿っているので、
安定した結婚生活を望む人は右手の薬指に指輪をはめることもあるのです。

このように指には左右それぞれに、意味があると考えられているので、
それに従って指輪をはめる指を決めることもできます。

これは気持ちの問題もありますが、
例えば右手の小指は恋人同士の中を取り持つ、
願いが叶うという意味があるそうです。
恋人同士の時には右手の小指に指輪をはめ、プロポーズされたら小指の指輪を外し、
左手の薬指に婚約指輪をはめるという人も多くなっています。

あくまでも言い伝えであり迷信に過ぎませんが、
このように意味を知っておくことで精神的な安心を得ることができますね。
このように各指の持つ意味を確かめ、
婚約指輪や結婚指輪とは別にお守りの意味で、
ほかの指に指輪をするのもいいですね。

ちなみに右手中指には邪気を払う、
左手中指には周囲との関係が良くなるという意味があるそうです。
こちらのサイトwww.nybma.comにも気になる情報が盛りだくさんです。ぜひご覧ください。