お薦め

「石のカタチが固い絆と純愛を象徴」

婚約指輪といえばダイヤモンドが定番となっていますね。
しかしダイヤモンドリングにも実際には、いろいろな形があります。

しかしなぜ婚約指輪にダイヤモンドが選ばれるようになったかは、
あまり知られていません。

ダイヤモンドといえば宝石の中では最も硬い石としても有名ですね。
硬い=丈夫をイメージさせることから、
婚約から結婚までの期間に愛する人が、
健康で丈夫でいられるようにという想いを込めて、
ダイヤモンドが選ばれるようになったと言われています。

もう一つ硬さには、固い絆という意味も込められています。
記録に残っている限りでは、
1477年にオーストリアの貴族が世界で初めて、
ダイヤモンドリングを婚約指輪として贈ったとされています。
もしもこの時選んだ石が、サファイアやルビーだったら、
婚約指輪といえばサファイアかルビーが定番になっていたかもしれませんね。

みなさんもよくご存知のように、ダイヤモンドは無色透明の石です。
どの色にも染まっていないので、ピュアというイメージもあります。
このことから、固い絆や愛情、ピュアで無垢な気持ちを表すので、
婚約指輪にはダイヤモンドが定番になっていったようです。

石の形にもいくつかの種類があります。
一般的には、丸い形のラウンドカットが人気ですが、これは好みなどもあるので、
2人で指輪を選ぶときには女性の好みに合わせて選んであげましょう。

サプライズでプロポーズしたい場合には、あらかじめ女性の好みを徹底的にリサーチしておくことも大切です。
楕円形のオーバルカット、しずくのようなティアドロップ、
細長いマーキースなど形もいろいろありますが、好みはかなりはっきりと分かれます。

海外ではハート型のダイヤモンドも人気が高いので、
迷ったときには定番のラウンドカットか可愛らしく、
女性に人気のハートシェイプを選んでおくといいでしょう。

しかし気に入らない場合でも、女性はなかなか言い出しにくいものです。
後になってもめたりする原因にもなるので、事前に好みを聞いておくのがおすすめです。