お薦め

「0.3カラット前後のダイヤが人気」

テレビのワイドショーや海外セレブのニュースを見ていると、
婚約指輪に超一流有名ブランドの何千万もする4カラットや、
5カラットのダイヤモンドリングが当たり前のように出てきます。

しかしこれは、ごく一部の限られた人だけの話です。
一般人には、こんな何千万円もする、
超一流購入ブランドのダイヤモンドリングは手が届きません。

婚約指輪というとダイヤモンドが定番になっていますが、
実際にはダイヤモンドでなければいけないというルールはありません。

世間一般的にダイヤモンドリングを選ぶ人が多く、
約9割が婚約指輪にダイヤモンドを選ぶとされています。
このこともあって今では、婚約指輪=ダイヤモンドが定番になっているのです。

予算も今まではお給料の3ヶ月分と言われていましたが、
実際の平均価格は30万円~40万円だと言われています。
この価格帯ならほとんどの男性も、
手が届く範囲になっていますので、安心ですね。
30万円~40万円もだせば、質のいいダイヤモンドを購入できます。

ダイヤモンドの場合は石の大きさだけでなく、質も重要です。
0.3カラット前後のダイヤモンドなら、
そこそこ質のいいものを30万円~40万円という予算内で購入することができます。
このことから、平均として0.3カラット前後の大きさのダイヤが、
婚約指輪として選ばれています。

ダイヤモンドには石のカラー、カット、クオリティ、カラットというグレードがあります。
少しグレードを落とすことで大きめのカラットにすることも可能ですし、
0.3カラットでも最高級のダイヤモンドになれば40万円以上するものもあります。
ここは予算やデザインだけでなく、石の質も考慮して選ぶといいでしょう。
金属アレルギーのある女性でもつけることができるタイプの婚約指輪がhttp://street67.net/page4.htmlに載っています。
アレルギーの方でも身に着けることができる素材などをしっかり調べてから選ぶようにしましょう。

http://ubanimator.com/brand.htmlで紹介されているような
人気ブランドのものはそれなりに上質の石を使っているので、
多少値段も高くなります。
ノンブランドのものなら、上質のダイヤモンドを、
ブランド品よりも安く購入することができます。

あとは好みなども関係してきますので、
ここは2人で相談して決めるといいでしょう。

こちらでは婚約指輪として使われることもあるエタニティリングについてのサイトがあります。
リング全体にダイヤモンドが埋め込まれているエタニティリングは、存在感があって素敵ですね。