お薦め

「婚約指輪についての言い伝え」

既に婚約をしている人や、結婚をしている人でも、
意外と知らないのが婚約指輪についての言い伝えです。

これからプロポーズをしようとしている男性は、
婚約指輪についての言い伝えなども知っておくと、
ロマンティックなプロポーズができるかもしれませんね。
プロポーズされる女性も、婚約指輪についての言い伝えを知っておけば、
よりロマンティックな気分に浸れるかもしれません。

婚約指輪というのが誕生したのは、古代ローマだと言われています。
古代ローマでは、結婚そのものよりも結婚しますという、
契約を証明することを何よりも重要視していたと言われています。

当時は鉄を輪にして指輪のように使っていたのですが、
時代の流れと共に鉄から金に変わっていきます。
金の輪に石がつくようになるのは、中世初期くらいからだと言われています。
その後はキリスト教のスタイルで、
婚約指輪が定着しやがて世界中にその習慣が広がっていきます。

日本で婚約指輪が一般的になったのは、西洋文化が広まり始める明治時代以降です。
それまでの日本の伝統的なスタイルとして、婚約するときに結納品を贈るという習慣がありました。
これは現在も根強く残っている習慣ですね。
結納品の中に婚約指輪も含まれるようになっていきます。

こうして婚約指輪についての言い伝えを知ることで、
いま持っている婚約指輪もこれからもらうであろう婚約指輪も、
少し見方も変わってくるかもしれませんね。
婚約指輪の形も人それぞれですが、
婚約指輪に込められる想いは、古代ローマから変わらず受け継がれています。

経済的な事情で、すぐに婚約指輪や結婚指輪を贈れなかったということもあるでしょう。
余裕ができたらもう一度当時の気持ちを思い出して、
少し遅れて婚約指輪や結婚指輪を贈るのも素敵なことですね。
今は形にとらわれないスタイルの結婚もありますが、
式は挙げなくても指輪だけは贈るというカップルもいますね。

式は挙げずにいても、指輪があれば愛の証になると考える人も増えています。
変わらないトレンドのリングについての解説があります。こちらもおすすめサイトですので合わせてご覧ください。