お薦め

「指輪に託す「想い」が違う!」

婚約指輪を贈るときのシチュエーションは、
100組のカップルがいれば100通りあるはずですね。
映画やドラマをヒントに、サプライズなプロポーズをする人もいれば、
2人だけの静かな場所で心を込めたプロポーズもあります。

おすすめのシチュエーションや成功しやすい渡すタイミングなどが
http://www.sparkadia.com/10.htmlに載っています。
100%成功するとはいえませんが、女性が喜ぶシチュエーションがたくさん紹介されている
ようなので、参考にしてみてはいかがですか?

100組のカップルがいれば、婚約指輪の種類も100通りあります。
芸能人や海外セレブたちは、
見たこともないくらいの大粒の、
光り輝くダイヤモンドリングを指にはめていますね。
確かに女性ならば、より大きく、
よりまばゆい光を放つダイヤモンドに憧れを持ちます。

しかし大切なのは指輪の値段でもなく、
ダイヤモンドの大きさでもありません。

要は男性が愛する女性に、
一生を共にして欲しいとプロポーズをするときに、
愛の証として贈るものです。
その指輪に想いを託してプロポーズをするのですから、
極端な言い方をすれば、おもちゃやビーズの指輪だっていいんです。

さすがにこれでは正直女性もがっかりしてしまうので、
一般的にはお給料の3ヶ月分を目安にして、
男性としての頑張りと想いが詰まっているのです。
金額にすると30~40万くらいが平均だとhttp://www.my-art-gallery.net/ipp.htmlにかいてあります。

100組のカップルがいれば指輪に託す想いも多少は違うものの、
プロポーズという同じシチュエーションで使う重要なアイテムになりますので、
婚約指輪選びは慎重になりますね。

婚約指輪の定義としては、婚約をした女性が身につけるものとなっていますが、
結婚後は結婚指輪と一緒に常に身につけるという人も増えています。
以前は立て爪が主流でしたが、現在は常に身につけることを考えて爪のないタイプも人気です。

爪の高さもいろいろありますので、短めにすれば、
フォーマルにもカジュアルにも両方使えるので、このタイプも人気です。
様々なデザインの中でも一番人気の婚約指輪のデザインはこちらで紹介されています。

多少の例外はあるものの、一生に一度の、
一大イベントのプロポーズには欠かせないアイテムになります。
婚約指輪はプロポーズの時に、一生変わらない愛を誓いますという意味で送ります。
ちなみに結婚指輪は、途切れることのない絆を意味します。

一緒に身につけていても、それぞれの指輪に込められる想いは違うのですね。